Why HASKA

資産防衛が、幸せの防衛になるように

ヒアリングが丁寧

ありがちなファイナンシャル面に偏重した見方だけでなく、家族の幸せやこの先の未来の在り方、セカンドライフ、後継者様の生活や人生などのノンファイナンシャルな側面を大切にしたヒアリングが特徴的。世界的な有名大学卒業者・外資系大手出身者が割合として多い弊社ならではのお子様の教育面や進路面での具体的なご相談に乗ることが可能であるのも、大きな特色です。

正味資産価値を高める

ライフサイクルコストと同様に生涯生産価値までを見据えた長期継続可能な正味での資産価値を高める戦略を持つべきです。成長性豊かなリスクアセットと、ある程度換金可能性を担保できる流動資産の分配を時期を見据えて組み替えることや、承継のタイミングまでにどのような資産構成にすべきかなどの繊細かつ能動的なポテンシャルをもつ企画、計画を立案することができます。

不動産の有効活用

私たちの特色は不動産の有効活用においては駐車場以外の方法論を持っているということです。それは、街の未来を共に創るという仕事だと考えるからです。当座の短期間でのリスク分散という意味では駐車場が最適解かもしれませんが、売却やむしろ買収による再建築可能な土地にすることなどが将来価値を増幅させる手段になることもあります。実際の不動産価値というのはキャッシュフローも含めた生涯資産としての内在価値がどの程度になり得るものなのかといった具体的な目論見が必要です。

資産設計は、「生きる」を設計している。

発表会で失敗した日も、インターハイで入賞できなかった日も、来る日も来る日も練習したのに、

大会が中止になってしまった日も。

来る日も来る日も努力しても、報われなかったとしても

その日々の積み重ねは私たちが生きているからこそ得られる幸せのひとつです。

何度トライしても弾けなかった曲を披露した日も

何回も落ちた試験に合格した日も

予選敗退していた大会で本選入賞した日もまた

私たちが生きているからこそ得られる幸せです。

「今を生きている幸せ」をどこかに忘れて来てはいませんか?

資産設計は、今一度いままでの出来事と、これから実現したい夢や理想を見直すことから

始まります。

そして最終的には、自分の日常のバロメータとして利活用することになります。

「今日は、どんな善いことがあったかな?」

計画を綿密にすればするほど、1分1秒でさえも愛おしくなるものです。

それが、資産設計の始まりです。

理想を急ぎ追いすぎるあまり、丁寧に生きる、ということを忘れがちな時代だからこそ

自分の資産設計と、将来のこと、そして次の時代への貢献とを一本線でつなげると

これからの社会像が構築されていきます。

1人1人の金融資産設計が、少しずつ、街の未来をも決めている。

金融と、非金融の中間を取る事。それが、HASKAの金融顧問サービスのミッションです。

 

 

お問合わせ下さい

不動産再生・相続・事業承継

Find us at the office

神戸 ファイナンシャルソリューションデスク&マネジメントオフィス

CASABELLA FRⅡ 10F, 4-2-12, Yawatadori-st, Chuo-ward, Kobe, Japan.

福岡 地域再生プロジェクト福岡拠点

ACROSS FUKUOKA 1F, 1-1-1, Tenjin, Chuo-ward, Fukuoka, Japan.

Give us a ring


+81 078 241 8355
Mon - Fri, 9:30-17:30

お問い合わせ